お知らせ

インプロでは4体目の激レアな魔法剣士!エマ・ワトソン稼ぎすぎワロタwww○○○○億てwww


みなさん、こんにちは!こんばんは!
6月最初の新キャラとなります!

今週は激レアな魔法剣士です!

とてもチャーミングで可愛い魔法剣士の女の子


剣に何やらとても強そうな魔法をかけている女の子。
実はインプロで魔法剣士(っぽいキャラ)はこれで4体目であり、かなりレアな存在。

魔法剣のアモル

エリート兵隊ハーランド

悪の調教師バニエラ

主人公感溢れるビジュアルでとても可愛らしい。

今回のタイミングでサイトのトップを彼女に変えようかと思う程でしたが、人気ランキング1位をトップにするという謎の決まりがあるので頑張ってランキング入りするよう見守りたいと思います。

リリィ
・・・

†プリモ†
リリィめちゃ凹んでる!
リリィ
こんな可愛い魔法剣士に勝つなんてできっこないよ
†プリモ†
だだだ大丈夫よ
可愛らしさじゃ天地だけどアンタDL数はダントツだから
リリィ
天地って何

魔法剣士について何か書こうと思いましたが、特に思いつきませんでしたので今回は「ハリー・ポッターシリーズ」の出演者たちのビフォー&アフターでもご紹介しますw

 
こんなキャラいたっけなキャストが沢山登場しますので主要キャラ3人だけ紹介します。
ハリポタ通は是非動画でご覧ください。

《ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント》

『ハリー・ポッターシリーズ』のファンだったことから、ロン・ウィーズリーを演じたかったためにオーディションに応募。
女の子の格好をして自分がいかにロン役にぴったりかの即興ラップを歌ったり、原作でのロンのセリフを読んだりしたビデオを送った結果、見事ロン役に選ばれ、2001年に映画『ハリー・ポッターと賢者の石』でデビュー。
以後、最終章の『ハリー・ポッターと死の秘宝』まで出演した。
また、原作版『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ではホラス・スラグホーンがロンの名前を「ルパート」と間違えるシーンがあるが、これは実写版でロンを演じたルパートの名前からとられている。
《ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン》

2001年に映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のハーマイオニー役でデビュー。
以後、7作目の『ハリー・ポッターと死の秘宝』まで全シリーズに出演した。
『ハリー・ポッターと賢者の石』と『ハリー・ポッターと秘密の部屋』での演技によりAOL最優秀助演女優賞に輝く。
また、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ではイギリスの映画誌トータルフィルムの読者投票で最優秀新人に選出された。
 
「ステレオタイプにはなりたくない」と、ハーマイオニー役を終えた後も役者として活躍したいという姿勢を見せている。
2007年にはBBC制作のテレビ映画『バレエ・シューズ』に出演。
2008年には『ねずみの騎士デスペローの物語』で声優を務めている。
 
2009年12月、「過去10年間で最も興行収入を稼いだ女優」としてギネス世界記録に認定された。
エマが2000年から2010年までの過去10年間で出演した映画は『ハリー・ポッター』シリーズ以外で声優を務めた『ねずみの騎士デスペローの物語』を入れても、映画1本あたり約8億9,700万ドル(日本円で約807億円)、合計で約54億ドル(日本円で約4,860億円)を稼いでいた。
 
2011年1月、米経済誌『フォーブス』が『スクリーン上で最も(興行収入を)稼いだカップル』のランキングを発表し、『ハリー・ポッターシリーズ』のルパート・グリントと自身が1位にランクインした。
ルパートとは『ハリー・ポッターシリーズ』だけで63億ドル(日本円で約5300億円)を稼いでいた。
 
『ハリーポッター』シリーズ完結後も話題作に出演し、女優として着実なキャリアを築いている。
《ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ》

北アイルランド出身の父親とユダヤ系イギリス人の母親の間に一人息子として生まれる。
父は、元著作権エージェントで、現在は彼の世話役、母はキャスティングディレクター。
2人共、過去に俳優のキャリアがある。
 
協調運動障害を抱えていることを公表しており、俳優を志すようになったのも、学校での生活が上手くいかず、学校以外で活躍出来る場所を見つけるためだったという。
 
1999年、BBCのドラマ『デビッド・コパーフィールド』でデビュー。
 
子役として活動していた頃、ちょうど世界的ベストセラー小説『ハリー・ポッターと賢者の石』の映画化にあたり、主役ハリー・ポッター役のオーディション選考が行われていたが、なかなかハリーのイメージに合う少年が見つからなかった。
そんな中、ダニエルが両親と芝居を観に行っていた際、偶然同席していたスタッフがダニエルを見てオーディション参加を打診し、ハリー役を射止めた(当時11歳)。
 
映画『ハリー・ポッターと賢者の石』は、世界的メガヒットになり一躍有名になった。
日本でも大ブームとなり、2002年12月に彼が初来日した際には、空港に多くのファンが押し寄せた。
その際に、ハリー・ポッターの扮装をしたファンを「ポッタリアン」と呼んだ。
本来ハリー役は、シリーズ2作目以降は本人の成長に伴って代役を立てる予定だったが、あまりにハリー役がはまっていたことや、ストーリーに伴ってキャラクターもきちんと年を取っているシリーズであること、原作者の強い意向などからそのままシリーズ最終作まで続投された。

ちょ、エマ・ワトソン稼ぎすぎwwww

賢者ミル

ファンタジー100%、剣と魔法、可愛くて優しい(多分)、全てを備えたオススメの魔法剣士です。
是非主人公として使ってみてくださいね!

 
と、言うことで!
今週の新キャラは『賢者ミル』でした!
それではまた!

5体無料キャンペーンは大好評継続中です!
まだの人はこの機会に是非活用してくださいね!

【お一人様1回限り】好きなキャラが5体無料でダウンロードできる!!連れてってキャンペーン!!

※記事へのコメントはユーザー名で表示されます。

コメント

( no comment )

質問などありましたらコメントをお願いします。