やってみた

めちゃくちゃ面白そうなゲームパッケージを作ってみよう!


今回はやってみたシリーズです!
せっかくなのでインプロキャラを使った面白そうなゲームパッケージの制作に挑戦したいと思います!

「面白そうなゲームだな、新作か?」

目標は画像検索に引っかかって「面白そうなゲームだな」と思った人がサイトに飛んできてくれること。

2ちゃんやツイッター辺りで釣れると面白いですねw

皆さんはパケ買い(パッケージ買い)とかしたことありますか?
漫画のパケ買いは経験したことある方も多いと思いますが、パッケージは期待を煽る意味で本当に重要だと思います。
表紙詐欺という言葉もあるくらい、内容を200%も1000%も良く見せる必要があります。
たまに全く内容が分からないパッケージもありますが・・・w

ただ今の時代のゲームパッケージは昔ほど重要視されていない気もします。
ダウンロード版も主流になりつつありますし、PVもプレイ動画もレビューもすぐに見れるので、パッケージとにらめっこして悩む必要もありません。
それ以前にプロモーションの段階であらかた勝負は決まっているとも言えるでしょう。

消費者の自分としてはパッケージで判断してたスーファミ、プレステ時代のドキドキ感は好きでしたけどねw

話は少し逸れますがパッケージと言えばプレステ2ソフト「ICO」を思い出します。

見たことある方も多いのではないでしょうか。
とても好きなパッケージで、買った当日はしばらく眺めていた思い出があります。

しかし何年か後、ネットでアメリカ版ICOのパッケージを見た時、驚愕しました。

それがこちらです。


©SONY
左:日本版 右:アメリカ版

誰なんだ君たちはwwww

思い出が壊れそうな程の衝撃でしたが、必要な海外戦略だったのでしょう・・・。

今回の仮想ゲーム、実はもうタイトルは決まっています

それは・・・

GUILD IMPACT(ギルドインパクト)

です!

略して「ギルパク」!

格好良くないですか?

そうでもない?w

マジックザギャザリングのギルドパクト(シリーズ)みたいですが、実はこれ長らくインプロのプロジェクト名でした。

「ギルドの衝突」ってコンセプトで作ったんですが、結局変更となりました。

ちなみに当サービスの名称「impro(インプロ)」は「improvise(インプロバイズ)」の略で「即興」という意味です。

即興演奏だったり、即興スピーチだったり、様々な事に対して使われます。

ということで既にロゴもあります。

それがこちらです。

ファンタジーゲームのようなイメージですがどうでしょうw

ロゴの作り方はまた別の機会で記事にしますね。

パッケージの参考を見つける

現在のゲームと言えば「PlayStation4」「PS VITA」「Xbox One」「Nintendo Switch」「Nintendo 3DS」と色々ありますが、今回はPS4にします。

特に理由はありませんw

ちなみに私が一番好きなのはスーファミの箱(パッケージ)です。
あのビデオがスッポリ入るサイズが何とも好きでしたw
気合の入った説明書もガッツリ入ってましたしね。

続いて、どんなパッケージにしたいか、amazon辺りに行ってパッケージ巡りをしてきます。

もちろんインプロのキャラを使用するのでイメージが近いのがあれば参考になるのですが・・・。

おぉ、これはどうだろう。


©SQUARE ENIX
「ドラゴンクエストヒーローズⅠ&Ⅱ」です。

どちらも主役を前面に配置し、ロゴは顔を隠さないよう下に配置。
背景には敵の軍勢、さらに色味を変えて強弱も付けています。
グレデーションで距離感も感じますね。
すごく格好いいパッケージだと思います。

これを全面的にパクリ参考にしましょう。

まずは配置し、ドンドン詰めていきます

とりあえず土台となるプレステ4のパッケージを用意します。


ちなみに左下の緑ですが、対象年齢によって色が違います。

CERO A : 全年齢対象「黒」
CERO B : 12才以上対象「緑」
CERO C : 15才以上対象「青」
CERO D : 17才以上対象「オレンジ」
CERO Z : 18才以上対象「赤」

結構細かいですね。

今手元にあるゲームを見てみると
「ファイナルファンタジー15」が「CERO C」
「ダークソウル」が「CERO D」
「グランドセフトオート5」「バイオハザード7」が「CERO Z」でした。

ゲーム的には上のドラクエ同様にCERO Bかなと思ったので「緑」にしています。

では続いて好きなキャラを配置していきます。
※制作はすべてフォトショップを使っています。

顔に被さったり重用な部分が隠れたりしないように縮小したり反転させたりしていきます。


既に結構いい感じですね。

続いて[CERO B][社名]と背景にフリーの空の写真、手前にギルドインパクトのロゴを配置します。


ロゴが入ると急にゲームパッケージっぽくなりました。

次は背景を暗くします。
これでかなりドラクエっぽくなりました。

んー、なんか真ん中が寂しいのでヒロインを持ってきます。
そして右にいたライゴン(ナマズみたいなドラゴン)がバランス的に変だったのでハチマキという剣士に変えます。


ヒロインが入るとかなり華やかになりましたね!

ただこの辺で右後ろにいるドラゴンが気になりだしましたw
いい表情をしているのですが、なんか目立ちすぎる気がします。
サイズかな。

ここも思い切って変更します。
さらに、全体のサイズも整えます。


すごくちょうどいいキャラがいましたw
まさに悪の親玉って感じです。

いよいよ完成

さて、いよいよ次で完成になります。
下の余白にサブタイトルを付け、背景の敵キャラをフォトショの加工で影っぽくします。
表面に少し火花を散らせ、タイトル下には爆発のようなエフェクトを配置しました。

これで、完成!

2019年発売予定の新作RPG「ギルドインパクト」です!(嘘)

どうでしょうw
面白そうですか?

パッとみた印象は「ファンタジーのキャラゲーでRPGかシュミレーションRPGかな?」って思われるデザインだと思います。

とまぁ、早歩きで制作過程を紹介してきましたが、取り掛かるまでの前半が長かったですねw

具体的な制作方法を書くと更に長くなるのでそれはまた別の機会に。
皆様も是非、インプロキャラを使った面白そうなパッケージ、制作してみてね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

今回使用したキャラクター

獣狩りの達人メッツ

龍狩りの達人メラ

海賊団の頭サンジェル

頭脳派剣士ハチマキ

雷龍の息子ライゴン

とある国の姫エルセーヌ

策略の古龍ナーガラージャ

毒撃竜ポゼ

解体屋バラキン

コメント

( no comment )

質問などありましたらコメントをお願いします。